2016年12月22日木曜日

「フザケタ解説」撲滅運動 - 第二弾

宅建試験 - フザケタ解説撲滅運動
宅建試験 - フザケタ解説撲滅運動 - 第二弾

(1)

多くの皆さまがご存知のように、過去問解説集については「問題文丸写し・条文丸写しのフザケタ解説が横行している」、という現実があります。


(2)

今回は、効果が無いことを承知で、「フザケタ解説」撲滅運動を展開してみせます。

下のほうにリンクした、2015年1月18日の第一弾に続き、今回は第二弾。
宅建試験平成28年[問10]、相続の問題と解説です。


(3)平成28年[問10] 相続

甲建物を所有するAが死亡し、相続人がそれぞれAの子であるB及びCの2名である場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

(1)Bが甲建物を不法占拠するDに対し明渡しを求めたとしても、Bは単純承認をしたものとはみなされない。

1)正しい。

単純承認とは「普通の相続 (資産も借金も無制限に受け継ぐ相続)」をすることであり、単純承認になるには、世間一般にこの人は普通の相続をしたんだな!と思わせることが必要だ。本肢のBは、甲建物の不法占拠者(D)に明渡しを求めただけであり、そんなことはガードマンでも出来るわけだから、Bは、世間一般に「この人は普通の相続をしたんだな!」と思わせたとは言えない。したがって、Bは単純承認をしたものとはみなされない。

(2)Cが甲建物の賃借人Eに対し相続財産である未払賃料の支払いを求め、これを収受領得したときは、Cは単純承認をしたものとみなされる。

(2)正しい。

単純承認とは「普通の相続(資産も借金も無制限に受け継ぐ相続)」をすることであり、単純承認になるには、世間一般にこの人は普通の相続をしたんだな!と思わせることが必要だ。本肢のCは、未払賃料が相続財産であることを知った上で、賃借人(E)に未払賃料の支払いを求め収受領得した(ふところに入れた)のだから、Cは、世間一般に「この人は普通の相続をしたんだな!」と思わせたと言える。したがって、Cは単純承認をしたものとみなされる。

(3)Cが単純承認をしたときは、Bは限定承認をすることができない。

(3)正しい。

限定承認とは、「特殊の相続 (資産の範囲内で借金を受け継ぐ相続)」をすることであり、限定承認するには、相続人が全員でしなければならない(複数の相続人の1人だけでは限定承認できない)。なぜならば、一部の相続人の限定承認を認めると、相続財産の法律関係は極めて複雑になる結果、清算が不可能となり、被相続人の債権者が気の毒だからだ。したがって、Cが単純承認をしたときは、Bは限定承認できない。

(4)Bが自己のために相続の開始があったことを知らない場合であっても、相続の開始から3か月が経過したときは、Bは単純承認をしたものとみなされる。

(4)誤り。

相続人が、自己のために相続の開始があったこと、つまり被相続人が死んだことを「知った時」から3ヶ月以内に、限定承認または相続の放棄をしないと、相続人は単純承認したものとみなされる。何もしなかった(限定承認または相続の放棄をしなかった)としても、被相続人が死んだことを「知った時」から3ヶ月を超えれば、世間一般にこの人は普通の相続をしたんだな!と思わせるに十分だからだ。本肢では、そもそも相続人が自己のために相続の開始があったことを「知らない」から、3ヶ月はまだ起算されず、Bは単純承認したものとはみなされない。



このような 条文を一切使わない 解説を読んで、

「何か感じる」としたら、平成29年度宅建受験に有利に働くでしょう。
「何も感じない」としたら、時間を取らせてしまいゴメンナサイです。

なお、平成28年の四択過去問や一問一答(ドリル)は、今回解説した[問10]を含めて重要なものを順次「無料サイト(宅建の迷物図書館)」で公開するので、迷物講師の過去問解説を読む目的だけで有料講座をとるのは、やめといたほうがイイです。無料も有料も解説の質は同じです…。



「フザケタ解説」撲滅運動 - 第一弾


2016年12月17日土曜日

一発合格を逃した方へ

宅建予備校のカモになるな
予備校のカモになるな

(1)宅建試験に、2回目で合格した人の割合

一発合格を逃した人が、2回目で合格した率は、一発合格した人の3分の1しかないです。

これは、公開されているものではなく、証拠を示せるものでもないのですが、長くやっている所や大手予備校だったら、多少の違いはあっても「必ず知っている」数字です。

具体的には、全合格者のうち、

・ 1回目で合格した人の割合は 60パーセント
・ 2回目で合格した人の割合は 20パーセント

だと考えて下さい。


(2)司法試験に、2回目で合格した人の割合

宅建試験と違い、司法試験はさすが情報公開が進んでいまして、
平成28年の全合格者のうち、

・ 1回目で合格した人の割合は 55パーセント
・ 2回目で合格した人の割合は 21パーセント

だった、と法務省大臣官房人事課が正式に発表しています。

平成28年司法試験の全合格者は1,583人でしたが、
後述の「平成28年司法試験の採点結果」というリンク先に行けば、
1(2)エという所があります。

そこに、

・ 1回目 867人
・ 2回目 333人

と書いてあります。
この867人は全合格者の55パーセント、333人は全合格者の21パーセントに当たるのです(小数点は四捨五入)。


(3)人間誰でもが持っている「飽きの傾向」「モチベーション」の低下

宅建試験の場合、
一発合格を逃した人が、2回目で合格した率は、一発合格した人の3分の1しかなかったです。

司法試験の場合でも、
一発合格を逃した人が、2回目で合格した率は、一発合格した人の半分もないですね。

働かずに、朝から晩まで勉強できる環境の人が多い司法試験でさえ、人間誰でもが持っている「飽きの傾向」「モチベーション」の低下に勝てる人が少ないことが、お分かり頂けたでしょう。

働かねばならず、朝から晩までなんか勉強できない環境の人が多い宅建試験ともなると、「飽きの傾向」「モチベーション」の低下に勝てる人は本当にガクンと落ちてしまうことも、良くお分かり頂けたと思います。


(4)予備校のカモになるな

宅建試験の一発合格を逃した人は、以上の冷徹な現実を見つめて、「もう宅建試験なんか受けない」ことを含め、今後の進路を決めて頂ければと存じます。

宅建試験でも司法試験でも、一発合格するような人は、小学校時代から積み上げられてきたモノ(国語力積極性応用力記憶力)」が、その試験における普通の受験者とは違うのです。

言い換えれば、人間誰でもが持っている「飽きの傾向」「モチベーション」の低下が、法律系資格試験に限っては、「小学校時代から積み上げられてきたモノ」によって普通の人の何倍も低く抑えられているワケです。

「小学校時代から積み上げられてきたモノ」があまり無い人が、「その辺で営業している予備校」(宅建倶楽部を除く=笑=)の世話になったくらいで解決できるほど甘いもんじゃないです。

以上、今回のエントリーについて疑問や突っ込みがありましたら、うちのスタッフ doremi に無料回答させますので、ヨロシクです!




平成28年司法試験の採点結果 [法務省大臣官房人事課]


2016年12月13日火曜日

登場人物は全員悪人!

現代歌人-穂村弘
現代歌人  穂村弘(ほむら・ひろし)氏

(1)

画像は、現代歌人の穂村弘(ほむら・ひろし)氏。

いま穂村氏は、週刊文春で「私の読書日記」という連載をもっていらっしゃいますが、同誌平成28年11月17日号には、私が松本清張について若い時から感じていた事と同じことが書いてあって、ビックリ仰天でした。

松本清張の推理小説の「登場人物は全員悪人!」という氏の論評部分です(同誌113ページ)。

(2)

「黒河の手帳」「高台の家」「十万分の一の偶然」「天才画の少女」「渡された場面」「潜在光景」等々、私が読んだ限りの清張作品の登場人物は、確かに全員悪人!なんですよ。

それで今回は何が言いたいか? というと、「登場人物は全員悪人!」という前提で何かを読むと、
 ・ 全然疲れない
 ・ したがってスイスイ読める
ということを、このブログをご覧の皆さまにお伝えしたかったのです。

推理小説はおろか、新聞の政治経済記事からネット上のブログに至るまで、「登場人物は全員悪人!」という前提で読むと、全然疲れないでスイスイ読めるはずなので、皆さまも試してみるといいです。

(3)

私は現在60代ですが、50代まではどんなモノを読む場合にも、この中に「必ず善人がいるはずだから、その人を探そう!」との心構えで読んでいました。

でも60代になってからは、そう読み方を完全にやめたお陰で、読書スピードが若い時の5倍くらいになりました。

いまでは、ネット上の宅建関連ブログを読む時なんか「登場人物は全員悪人!」を通り越して「書いてる人も全員悪人!」という段階にまで進んじゃってます。

ここまで来ると、まさに仙人の心境に近く、宅建受験者の皆さまに「コビを売らなくても生活できる」ようになりました。

皆さまがいまお読みの「私のこのブログの副題」がそれを表しているのかもしれません。

そう!

わたくし今は、閲覧者を「イジル」のが何よりの楽しみで書いてます。
変な人に嫌われるためです。いい人に好かれるためと言っても同じ。
迷物講師は客を選ぶヤラシイ商人なのです!