2018年12月31日月曜日

「平成最後の…」って、聞いた瞬間吐き気がする

更新:2019年1月7日


平成


(1)元号なんて必要性ないでしょ!

2019年の中途半端な日に、天皇が生前退位し、平成という元号を終わらせるらしい。
どうせなら、平成を最後に、元号制自体を終わらせればいいと思うんだけど、政府には、その度胸・発想が全然ない。

バカじゃないの!

およそ、すべてのモノは必要性があるから存在意義があるのだ。

世論調査してみ!
国民の99パーセントが元号制の存在意義なんか認めてないから。

いまじゃ本家中国にもない元号制。
吐き気をもよおす。


(2)ついでに天皇も必要性ないでしょ!

わたくし迷物は、若い頃から天皇・皇族は「高級生活保護者」だと思っている。

そんな人たちを食わす金があるなら、もっともっと保護しなきゃならない方々って、何百万人といるんじゃないの?


(3)「高級生活保護者」は京都にでも帰せば

いつくるか分からない、首都直下型地震。
ほんとに来たら、福島第二原発事故の時みたいに首都圏の3千万人が被災者になる危険性すらある。

いまのうちから、東京の一等地の、しかもあの広大な皇居に強力な地震・津波対策をし、だれでも利用できるようにすべきだと思うよ。
そういう考え、初代神武天皇も反対しないと思う! 神様なんだから…。


(4)神様ついでに非科学的な話を

私が生きていたのは、昭和と平成だけですが、昭和と比べ平成はムチャクチャ縁起の悪い元号でした。

具体的には、下の通りです(個人的なことも入ります)

【平成4年】
不動産バブルがはじけた後遺症で、大手予備校の非常勤講師をクビになる。時給7千円以上貰っていたこともある職を一瞬で失った。

【平成7年】
阪神淡路大震災。知り合いが何人か死んだ。当時博報堂関西支社に赴任していた弟も死にそうになった。

【平成7年】
オウム真理教地下鉄サリン事件

【平成7年】
2月に実父死亡

【平成7年】
8月に実母死亡

【平成9年】
夏に宅建倶楽部スタッフ自殺

【平成23年】
東日本大震災、福島第ニ原発爆発

【平成24年以降現在まで】
「もう放射能は安全」という政府見解を全然信じられない迷物講師とスタッフの家族は、米・肉・魚・野菜・卵・牛乳・珈琲を淹れる水等について、99パーセント以上を関西より西から調達

ホント、平成は昭和と比べメチャクチャ縁起の悪い元号だった!
太平洋戦争は負けて良かったと信じているので、なおさらです!


(5)最後に…

迷物講師の独断と偏見に基づくエントリーでしたが、「平成最後の…」なんていう平成を懐かしむような言葉に吐き気をもよおす気持ちがお分かり頂けたら幸いです。


※ 年初の言いたい放題の関連記事


2019年、迷物講師の年賀状差出基準