2017年1月15日日曜日

不動産屋さんは儲かる

2017年K.Kさん年賀状
2017年K.Kさんからの年賀状

(1)連続して悪口を書いた意図

前5回のエントリーの特長を一言で表せば、人の悪口でした。



2016年12月13日火曜日
登場人物は全員悪人!



2016年12月17日土曜日
一発合格を逃した方へ



2016年12月22日木曜日
「フザケタ解説」撲滅運動 - 第二弾



2016年12月31日土曜日
宅建テキストのほとんどで、チョンボ(未掲載)発生中!



2017年1月12日木曜日
クレジットカードの話



という具合です。

人の悪口を書くと (特に商業主義に水を差すような事書くと) 、宅建倶楽部の実質的なメインサイトである 宅建の迷物図書館 の検索エンジンでの順位がどうなるか? を確かめる意図でそうしました。

見事に下がりましたね!(泣)
泣く子と地頭には勝てないので、当分は、「商業主義に水を差す」ような事書くのヤメにしますわ…。

実験は終わったので、今回はオメデタイ話を書きます。
それが表題の「不動産屋さんは儲かる」です。


(2)不動産屋さんは儲かる

平成26年度法人企業統計年報(平成27年9月公表)によれば、不動産業は、他の産業と比較して、売上高に対する経常利益率が高いです。

平成26年度の、全産業平均の売上高経常利益率は4.5%だったのに対して、不動産業は12.6%もありました。

不動産屋さんは儲かるのです。

抽象的に書くのは簡単ですが、これを具体化したのが冒頭の画像です。

私が教えた受講者さんで、九州の不動産屋さんです。

入社2年目にして、ようやくマンション(12戸)1.3億受注しました。(12月5日)バンザイ(手のひらの絵) と書いてあります。

K.K さん、オメデト!