2016年3月23日水曜日

春分の日は俺が「ノリ巻き」やった!

CD・DVD用のデュプリケーター
【写真1】


デュプリケーターにセットするCD100枚の梱包は、まるでノリ巻のよう!
【写真2】

(1)

在庫は置かない主義ですが、注文が急増しそうな気配がしたので、春分の日をはさんだ三連休、迷物講師がデュプリケーターを操作しました。

デュプリケーターとは、パソコンを通さないでCDやDVDを複製してくれる機械のことです。
【写真1】参照。

この写真は、宅建倶楽部で実際に使っているもんじゃないですが、参考のため…。

最近はCDを複製する場合だと48倍速の性能が当たり前になったので、迷物講師がカセットテープからCDに切りかえた13年前に比べれば、作業時間がだいぶ短縮されましたよ。

(2)

デュプリケーターには、何も録音がされていないコピーされる側のCDをセットしなければなりませんが、そのCDの枚数、私の基本講座の場合、お一人様100枚(正確には101枚)になります。

業者から仕入れたばかりの100枚の梱包は、まるでノリ巻のよう!
【写真2】参照。ノリ巻き4個で400枚。

それでいつの間にか、うちのスタッフが、デュプリケーターを操作することを「今日あたしが『ノリ巻き』やるね!」なんて言うようになりました。