2015年3月26日木曜日

学歴の"逆"詐称

学歴って何だよ!

















(1)迷物講師の場合


私は、1987年(昭和62年)から28年間宅建講師を続けてます。

28年前に非常勤講師として採用された大手予備校では、卒業証明書・成績証明書の提出を全然求められなかったので、「学歴を"逆"詐称」して、そこに入職しました。

不動産バブル時代の講師採用なんて、本当にいい加減なものでしたよ。
模擬授業もなしで即採用!

以来現在に至るまで、私の本当の出身校や学位を知っている者は、身内を除いて一人もいません。

(2)30代で大企業をドロップアウト


私の最初の就職先は大企業(自動車メーカー)でしたが、そこは30代で辞めました。

その理由は、命の危険を感じたことです。

具体的な事は墓場まで持っていきますが、命の危険さえ感じた大元は、学歴差別(≒学閥)にあったと今でも確信しています。

(3)学歴を鼻にかける人が、とにかく大嫌い


そんな経歴から、自分自身でも病的と思うほど、学歴を鼻にかける人が大嫌いになりました。
同時に私自身は、「学歴の"逆"詐称」を平気で出来る人物に成長(?)しました。

司法試験の勉強をしながらやっていたタクシー運転手履歴書の最終学歴は、中卒でござんす。
お陰で、職人気質のベテランからは、とても可愛がってもらいましたっけ…。

今でも、グーグルプラスの概要を出身中学校までしか表示していないのは、以上の理由によります。
時々ご質問があるので、今日の記事を書きました。