2014年7月29日火曜日

ATM事件

(1)

宅建の受験申込書には、「振替払込受付証明書(郵便局の場合)」または「銀行振込受付証明書」の貼付(ちょうふ)欄があります。

そこに貼る証明書には、日附印(郵便局の場合)または取扱銀行受付印が必要です。

だから、受験申込書にはATM不可と赤い字で注意書きされています。

(2)

7/28、宅建倶楽部の某スタッフが、午後4時半頃、近くの特定郵便局に行き、窓口で7千円を支払い「振替払込受付証明書」に日附印を押してもらおうとしました。

その時の状況です。

(郵便局)

窓口での現金取扱は午後4時で終了したので、ATMで払い込んでから、もう一度窓口に来て下さい。

(スタッフ)

ATM不可を知っていたものの、言われた通りにATMで払い込んで、もう一度窓口に行く。

(郵便局)

このやり方では、日附印を押せません!

(スタッフ)

迷物講師の携帯に泣きついてくる。

(迷物講師)

ふざけんなコノヤロー! と局員を電話で怒鳴りつける。
その後、03-3435-8181(試験実施機関試験部)に電話させ、局員と直接交渉させるが、らちが明かず。
その日は、受験申込書を出さないことにし、スタッフを引きあげさせる。

(3)

現在、郵便局のATMは性能が良くなり、ATMで払い込んでから窓口に行っても、日附印を押してくれる方法もあります。

でも、一般的な方法(宅建倶楽部のスタッフがやった方法)では、ダメ(日附印を押してくれない)です。

平成26年度宅建試験の受験申込は、7/31(木)の消印まで有効ですが、今回書いたような事件に巻き込まれたら大変…。

7/31ギリギリで郵便局を利用するかたは遅くとも午後4時まで、銀行を利用するかたは遅くとも午後3時までに「振替払込受付証明書(郵便局の場合)」または「銀行振込受付証明書」にハンコを押してもらいましょう!



7/28のスタッフは7/29午前中に、再び郵便局に行って窓口で7千円支払い、「振替払込受付証明書」に日附印を押してもらって、無事申し込みを完了しました。

7/28にATMから払い込んだ7千円は、後日試験実施機関が返してくれるよね?
返さなかったら、ブログのネタにしちゃうぞ!(笑)