2014年7月8日火曜日

週刊文春の記事 [ ただし1998年の宅建申込み時 ]


受験料総額と受験申込者数[宅建試験1998年当時]



















2014年度(平成26年度)の受験申込みタケナワですが、長年「宅建専業」で講師をやっている者の義務として、「不動産業界の手数料がバカ高いワケ」について、16年前の週刊誌の記事を紹介しときます。

昔の記事とは言え、今でも90パーセント以上当てはまります。

お金を無駄にしないためにも、ぜひ、心して受験して下さい!

こちら