2014年2月20日木曜日

平成26年度宅建試験「実施公告」は6月6日に決定

(1)


宅建試験の「実施公告」というのは、誰が・何時・どこで・どういう方法で宅建試験を実施しますよ! と日本中に「お触れ」を出すことです。
その「お触れ」を出す日が、平成26年(2014年)6月6日(この日は金曜日)に決まりました。

この「お触れ」、昔は宣伝パンフレットや実施機関のホームページでチマチマやってたのですが、今は、国の広報誌「官報」に載せてくれるようになりました。

官報やオサツなどを印刷している印刷局が、大蔵省(財務省)印刷局から独立行政法人 国立印刷局に組織変更された(民営化された)頃から、そうなりました。
とは言っても、昔から官報に載せてもらうには相当前からの予約が必要なので、最近その予約が取れたということでしょう(笑)。

※ 余談

受験者の皆さまは、宅建試験は公共性があるので無料で官報に載せてくれると思うでしょ?
でも違います、有料なんです。それも結構費用が掛かります。
こちらを参照していくら掛かるかを想像してみて下さい。そして、掲載費用は我々の受験料から捻出されている事をお忘れなく!
参考 官報の平成25年度実施公告(PDF)

(2)


実施内容の詳しいことは、東京都のこのページ(PDF) を見てみるといいです。

ざっと言えば、今年の、
 ・ インターネット申込は…7月1日(火)~7月15日(火)
 ・ 郵送による申込は……7月1日(火)~7月31日(木)
 ・ 本試験の日は………10月19日(日)
 ・ 合格発表日は………12月 3日(水)
 ・ 受験手数料は………7千円
という風に、実施公告されます。

なお上記が「確定」するのは、「官報」で実施公告される当日(6月6日)です。